クレジットカード 現金化

クレジットカード現金化

クレジットカード現金化

クレジットカード

お金を借りられない主婦が手を出してしまうケースが後を絶たないのが、クレジットカード現金化です。

 

クレジットカードなら誰でも手元に何枚かあるのではないでしょうか。
カードを新しく作る必要がないので手間がありません。

 

クレジットカードの現金化をすすめるサイトは数多くあり、「キャッシングできない専業主婦でもクレジットカードさえ持っていればすぐにキャッシング同様のサービスが受けられます」などとあたかも主婦の味方ですという感じで勧誘しています。

 

でも本当のところはどうなのでしょうか?

 

 

クレジットカード現金化の仕組み

 

近年増えてきているのがインターネットを使った方法です。
ここではその仕組みについて説明していきます。
(新聞や雑誌の広告でも同じような流れですのでイメージはつかめるかと思います)

 

ホームページに呼び込む

クレジットカード現金化の業者は、怪しい雰囲気のかけらも感じさせないようなさわやかなホームページを開設しています。
そこにはたくさんのメリットや魅力的な言葉がならんでいます。

 

ネットショッピングさせる

利用の申し込みがあると、指定した商品をネットショッピングを利用しクレジットカード払いで購入させます。
カードのショッピング枠いっぱいの金額の商品です。

 

利用者の口座に振り込み

クレジットカードで決済が済んだことを確認すると、業者が決めた一定の割合の金額を引いた分のお金を利用者の口座に振り込みます。
30万円の商品を購入させキャッシュバック率が90%だったら、利用者の口座には27万円を振り込み、業者の儲けは3万円となります。

 

商品をお届け

利用者が購入した商品を送ります。
例え30万円のものでも実際の価値は数百円程度です。

 

 

一見何の問題があるのか分かりにくいですが、絶対に手を出してはいけないと言われるわけがあります。

 

 

クレジットカード現金化がだめな理由

丸とばつ

理由は様々ありますが、知っておきたいのは「超高金利だということ」です。
これに気付くだけで普通の人なら利用したいとは思わないでしょう。

 

業者から商品を購入した後にはもちろんクレジットカードの支払いが残ります。

 

現実的には考えにくいですが、仮にカードの支払が1か月後だとして計算してみると

 

キャッシュバック率95%で10万円の商品を購入した場合、手に入る現金は9万5000円で1か月後に10万円を返済するわけですから、月利が5%、年利換算すると60%の高金利となります。
これが75%だとすると、年利約400%もの超超高金利です。

 

いかがでしょうか。
これでもクレジットカード現金化は魅力的ですか。

 

クレジットカード現金化業者は、今のところ貸金業法の対象となっていないために違法ではないと主張していますが、だからといって合法とは言い難い状況です。今後は取り締まりが強化されるのは間違いないでしょう。