審査について

審査について

審査について

カードローンを利用するためには、必ず審査を受けることになります。
収入の多い少ないに関わらず、誰でも審査に通らなければ契約することはできないわけですが、そもそも審査ってどんなものなのか、もしも落ちてしまったらどうしたらいいのかなどについてまとめてみました。

 

審査があるわけ

 

なぜ審査があるのでしょうか。
それはお金を返してもらえるかどうかを正しく判断するためです。
貸したお金と利息を返してもらって初めて利益が出るのですから、貸す側としては返済能力があるかどうかを見極めることはとても重要なのです。

 

 

審査ではどんなことを見るのか

 

まずチェックされるのは、属性といわれる申込者の個人情報です。
申し込みをする際には、氏名、生年月日、住まい、勤務先、年収などの様々な項目を記入し申告します。
このような情報をみて返済能力を判断します。

 

属性が問題ないと判断されると、次は、申込者の信用情報を照会して現在の借り入れ状況や過去の返済実績などがチェックされます。
過去に長期間延滞したことがある人や債務整理をした人などは審査に通りにくいのは簡単に予想できますが、ウソの申告をして隠してもすぐに分かってしまいますので事実を申告しましょう。

 

ただし、審査については各金融機関が独自の基準を持っており、公表されていないので詳細は分からないのが実状です。

 

 

審査に落ちたらどうしたらいいの?

 

属性から信用情報まで慎重に審査が行われるからといって心配し過ぎる必要はないのですが、審査に落ちてしまう人はいます。

 

審査基準はそれぞれ異なるので、たとえ落ちても他の金融機関なら通ることもあります。
ただ注意したいのは、どこかしら通るだろうと思ってたくさんのところに次々に申し込んでしまうことです。
申し込んだ情報も信用情報に記録されますので、手当たり次第申し込みをしている人ということで余計に審査に通りにくくなってしまいます。

 

また、落ちた理由に思い当たることがあればその点を改善てから申し込みましょう。

 

心当たりがないときは以下のようなことをしてみると良いかもしれません。

 

・他社に借り入れがあれば件数を減らす
・可能な限り返済する
・使っていないカードを解約する
・希望の利用限度額を減らす

 

いずれにしても落ちた原因を取り除かないことには再び同じ金融機関に申し込んでも結果は同じです。
冷静に原因を見つめなおしてみて下さい。

 

調べる