信用情報機関

信用情報機関とは?

信用情報機関とは?

ビックリマークと女性

カードローンの審査に利用される信用情報。

この情報を管理しているのが信用情報機関です。
実態が分かりにくいのでなんだか怪しく感じてしまう人もいるかもしれません。

 

信用情報機関がどのような機関なのかを分かりやすく紹介します。

 

 

国内にある3つの信用情報機関

 

・全国銀行個人信用情報センター(KSC)http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/
・株式会社シーアイシー(CIC)http://www.cic.co.jp
・株式会社日本信用情報機構(JICC)http://www.jicc.co.jp

 

これらの信用情報機関は、金融機関などが審査に活用するため、また、個人の借りすぎを防ぐために存在しています。

 

 

金融機関は信用情報機関に加盟

 

原則として金融機関はいずれかの信用情報機関に加盟することになっています。

 

金融機関は顧客からローンの申し込みがあると顧客の了承を得た上でその人の信用情報を参照します。
そこで得た信用情報を参考にして審査を行います。

 

また、申し込みがあったことや契約内容、返済状況などを信用情報機関に報告することが義務付けられています。

 

信用情報は自分でも見られる

パソコンと女性

自分の情報がどのように登録されているのかは気になりますよね。
上に挙げた3つの機関すべて信用情報を確認することができます。

 

KSCは郵送のみ、CICとJICCはインターネット、郵送、窓口で申し込みができます。

 

開示の詳しい申し込み方法については各機関のホームページなどで案内されていますのでご参照ください。