収入あり 収入なし 主婦

収入あり主婦となし主婦の違い

収入あり主婦となし主婦の違い

主婦がカードローンを利用する際には、パートなどで収入があるのか、それとも家事に専念している専業主婦かによって選べる金融機関が違ってきます。

 

総量規制という決まりごと

 

まず押さえておきたいのが「総量規制」です。
これは、消費者金融などのお金を貸す業者の業務などについてを定めている法律で決められていいて、個人の借り入れ総額が年収の3分の1までに制限される仕組みのことをいいます。

 

つまり、収入がない専業主婦は貸金業者からの借り入れができないということです。

 

また、貸金業者は借り入れ総額が年収の3分の1を超えていないかどうかを確認してから貸し付けを行わなければならないため、カードローンの申し込み時に収入を証明できる書類の提出を求められる場合があります。
収入証明書の提出が必要なケースは、50万円を超えて借りる時、もしくは他の貸金業者から借りている分も合わせて100万円を超えて借りる時です。この他のケースは自己申告に基づいて年収を確認することになります。

 

 

専業主婦はどうなるのか

 

貸金業者とは、消費者金融やクレジット会社のことをいいます。
銀行や信用金庫などは貸金業者ではありません。

 

専業主婦がカードローンを利用したいという場合は、銀行のカードローンに申し込むと良いでしょう。
また、クレジットカードでのキャッシング(現金を借りる)は貸金業法の対象ですが、ショッピングいつては対象外です。

 

 

収入のある主婦は選択肢が広がります

 

パートなどで安定した収入がある主婦なら、消費者金融のカードローンや銀行のカードローンなどたくさんの選択肢から選ぶことができます。
とはいえ、総量規制がありますので年収の3分の1までとなります。

 

キャリアウーマン