トラブル 合わない

トラブルに合わないために

トラブルに合わないために

スーツの女性 指差し

カードローンは上手に使えば主婦のつい良い味方になってくれる便利なサービスです。

 

しかし残念ながら、みんながみんな問題なく利用できているかというとそうではありあせん。

 

カードローンでトラブルに合わないために以下のようなことに気をつけましょう。

 

 

必要なお金か?

借り入れをする前に本当に必要なお金なのか、買おうとしているものは本当に必要なのかを一度考えてみて下さい。
もしかしたらお給料が出るまで待てるお金かもしれません。

 

返済計画を立てる

毎月いくらをどのくらいの期間で返すのかを決めましょう。
そして毎月返していく金額は無理のない金額かどうか考えましょう。

 

返済する利息を計算

返済計画を立てたら、実際に支払うことになる利息がいくらなのかを計算してみて下さい。
利息の計算方法は、「利息=元金×金利×借入期間」です。
使えもしないこの金額を支払うと思ったら、返済に対する責任感も増します。
もしかしたら借金以外の違う選択肢も浮かぶかもしれません。

 

借金を返済するための借り入れ

もしも借りるお金の利用目的が、他の借金の返済のためだとしたら多重債務地獄の始まりです。
借りる前に誰かに相談してください。

 

違法ではない業者か?

これから借り入れしようとする業者は、貸金業登録をしないで法外な金利で貸し付けを行う違法業者ではないですか。
ヤミ金などの違法業者の被害に遭わないためには、まず貸金業登録を確認してください。